【2日目】山口県岩国市から鳥取県米子市まで軽自動車で移動。

2021年7月2日の午前9時前に、車(軽自動車)で山口県岩国市の末岡旅館を出発して、鳥取県米子市を目指します。

朝食は抜きです。10時過ぎたあたりから、通りすがりの食べ物屋にふらっと寄ろうと考えながら運転していました。

ちなみに、前日の夕食も食べてないため、かなり空腹状態でした。

午前中の早いタイミング、岩国市から広島県の中心街を抜けるあたりでは、渋滞に巻き込まれました。通勤時間とかぶると、渋滞しちゃいますね。

遠回りでもいいから、渋滞回避ルートをナビが知らせてくれたらありがたいのですが、もろに正統派ルートを紹介してくるから、そこは仕方がありません。

そうこうして、もう少しで鳥取県に差し掛かろうとしていた、11時30分くらいに、「三矢の里あきたかた」という道の駅を発見。

道の駅 三矢の里あきたかた
【 公式サイト 】https://mitsuyanosato.com
〒731-0523 広島県安芸高田市吉田町山手1059-1

ここに立ち寄り、昼食を取ることにしました。

道の駅内にある「ファーマーズレストラン」というバイキング形式のお店で食べました。

料金は1400円。最初に会計を済ませて、席の番号札をもらい、制限時間1時間の食べ放題という仕組みです。

選んだ食べ物はこんな感じ。

1400円分ガッツリ食べたかったのですが、小食なので、質素な内容になってしまいました。

で、昼食後、12時15分くらいから道の駅を出て、鳥取県にある宿泊先に向かいます。

宿泊先情報

ホテル名:シャトー・おだか
住所:〒689-3514 鳥取県 米子市尾高2377
宿泊施設電話番号:0859-39-3701
部屋タイプ:和室10畳トイレ付・バスなし・リラックス効果を高めるマッサージチェアを完備。
【ホームページ】http://chateau-odaka.jp/

宿泊料金は3800円でした。

このホテルへの予約は、岩国を出発する前に取りました。

このホテルを選んだ決め手は、部屋にマッサージチェアが完備されていることです。

体のメンテナンスをしたかったので、宿を楽天トラベルで見つけた時には、テンションが上がりました。

そして、15時過ぎに宿泊先には到着。

ちなみに到着前に、ガソリンがかなり少なくなっていたため、宿泊先に着く前に満タンにしました。ガソリン代は3650円でした。

1日目に福岡県朝倉郡から山口県岩国市、2日目に岩国市から鳥取県米子市まで、合計400キロ近く走ったので、ガソリンの減りもあっという間でした。それに運転中暑くて冷房付けてたのもガソリンの減りに影響したと思います。

そして、こちらも到着直前に、ローソンで夕食を購入。冷やし担々麺など873円。

では、宿泊先の話に戻します。

部屋の様子はこちら。

マッサージチェアが待ってくれてましたね。

ちなみに、部屋にはお風呂がない代わりに、宿泊者は併設されている大浴場を無料で利用できました。

私が大浴場を利用した時間帯は、誰もおらず貸し切り状態で、満足でした。

合計経費

昼食代は1400円。

ガソリン代は3650円。

夕食代は873円。

宿泊代は3800円。

合計9723円でした。

旅の記録

福岡から日本最北端の北海道稚内まで高速道路を使わず軽自動車で行く

旅の記録
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
宿・ホテル予約 – 旅行ならじゃらんnet
この記事を書いた人
岩下隼人

1982年生まれ。福岡県出身。株式会社マイナビ(旧:毎日コミュニケーションズ)に新卒入社。マイナビでは15年間、転職・中途採用領域の営業・営業推進・市場調査を経験。その後独立して、ROYAL合同会社設立し、新しいことに挑戦している人や、頑張っている人を応援中。また、2013年から株式投資を始め、主に米国株に投資中。2016年からは福岡の投資物件を購入して不動産経営も経験。ときどき取材記者(ライター)。

岩下隼人をフォローする
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました