【12日目】北海道札幌市から北海道旭川市まで軽自動車で移動。

2021年7月12日の午前11時前に、車(軽自動車)で北海道札幌市のホテル「ホテルさっぽろ弥生」を出発して、北海道旭川市を目指します。

朝食は宿泊先のホテルの部屋内で済ませました。前日にセイコーマート(北海道のコンビニ)で購入していた焼きそばパンと、宿泊先で無料で提供されていたモーニングコーヒーです。

そして、10時からは、宿泊先に併設されている大浴場に行き、温泉を堪能しました。

その後、支度をして、11時前にホテルを後にしました。

本日は旭川市を目指します。北海道の地図では、ちょうど中心部に位置する場所です。

13時過ぎ頃、昼食を取る場所を探し、今回は道の駅で食べることにしました。

北の道の駅:ライスランドふかがわ
住所 深川市音江町広里59-7(国道12号、国道233号沿い)

店名:味しるべ駅逓(えきてい)
所在地: 〒074-1271 北海道深川市音江町広里59番地7

牡蠣の釜めしを食べました。料金は1300円でした。

その後、再び旭川市を目指して車を走らせ、15時に宿泊先に到着しました。

ホテル名:オスパーコート宮前
住所:〒070-0030 北海道 旭川市宮下通16丁目4155-16

宿泊料金は、朝食付きで3850円でした。

そして19時前になり、夕食を取る場所を近場で探します。

旭川駅が宿泊先から徒歩でいける距離にあるため、旭川駅周辺のお店を探そうと思いました。

そしたらイオンモールが、駅に併設されていたため、モール内のレストラン街からお店を選びました。

店名:ふく亭 とと魯
場所:イオンモール旭川駅前店内

まぐろレアかつ定食を食べました。料金は1370円でした。

その後、ローソンに立ち寄り、炭酸水などを購入。772円でした。

合計経費

昼食代、1300円。

宿泊代、3850円。

夕食代、1370円。

飲料代、772円。

合計7292円。

旅の記録

福岡から日本最北端の北海道稚内まで高速道路を使わず軽自動車で行く

旅の記録
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
宿・ホテル予約 – 旅行ならじゃらんnet
この記事を書いた人
岩下隼人

1982年生まれ。福岡県出身。株式会社マイナビ(旧:毎日コミュニケーションズ)に新卒入社。マイナビでは15年間、転職・中途採用領域の営業・営業推進・市場調査を経験。その後独立して、ROYAL合同会社設立し、新しいことに挑戦している人や、頑張っている人を応援中。また、2013年から株式投資を始め、主に米国株に投資中。2016年からは福岡の投資物件を購入して不動産経営も経験。ときどき取材記者(ライター)。

岩下隼人をフォローする
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました