Uber Eats 配達で働ける時間の制約・ルールを聞いてみた

皆さんは、Uber Eats(ウーバーイーツ)をご存じでしょうか?

フードデリバリーサービスのことで、Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録しているレストランの料理を専用アプリや公式ウェブサイトで注文し、配達パートナーとして登録している一般人が自分の自転車やバイクなどでデリバリーする形態を特徴とします。

そこで、今回は、岡山県でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍されているone(ワン)さんに、Uber Eats で配達をする場合のリアルな実態を取材しましたので、ご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのone(ワン)さん。
趣味は釣りで、釣り具を買うために副業として配達パートナーをしているそうです。

1日の働く時間の上限や時間管理方法

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

Uber Eats(ウーバーイーツ)に、働ける時間の上限などあるのでしょうか?

one(ワン)さん
one(ワン)さん

1日最大12時間までと決められています。(2021年7月時点情報)

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

開始と終了の仕組みなど、時間のカウントのされ方について、教えて下さい。

one(ワン)さん
one(ワン)さん

アプリ上に「出発」というボタンがあり、それを押すと時間のカウントが開始します。

そして「オフライン」というボタンがあり、それを押すと時間のカウントも注文もストップします。

それが一日12時間を超えない範囲であれば、配達をすることが可能です。

つまり、開始のタイミングと、終了のタイミングも、全て自分でコントロールできます。

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

なるほど。自分で時間をコントロールできるのは良い仕組みですね。

好きな時間に働き、好きな時間に休憩できるのですね。

ありがとうございました。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが1日に働ける上限時間や時間管理方法をお伝えしました。

配達パートナーとして稼ぎたい方は下記をお読み下さい。

Uber Eats で副業(配達の仕事)をしたい場合の登録方法

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました