自転車で配達するデリバリースタッフに、一日の走行距離を聞いてみた

皆さんは、Uber Eats(ウーバーイーツ)をご存じでしょうか?

フードデリバリーサービスのことで、Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録しているレストランの料理を専用アプリや公式ウェブサイトで注文し、配達パートナーとして登録している一般人が自分の自転車やバイクなどでデリバリーする形態を特徴とします。

そこで、今回は、岡山県でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして活躍されているone(ワン)さんに、Uber Eats で配達をする場合のリアルな実態を取材しましたので、ご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのone(ワン)さん。
趣味は釣りで、釣り具を買うために副業として配達パートナーをしているそうです。

一日の走行距離はどれくらい?

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、一日どれくらいの距離を走行しているのですか?

one(ワン)さん
one(ワン)さん

私は自転車で配達をしているのですが、私の場合は、一件で平均2~3キロメートル。

遠い時には、一件で5~6キロですね。(岡山市の場合)

※時間帯、地域などによって異なると思います。

one(ワン)さん
one(ワン)さん

ですので、一日に8時間くらい働く場合は、20キロ以上は走っていますね。

また、雨の日や土日には、平日よりも距離は増えると思います。

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

なぜ、雨の日や土日は、距離が増えるのですか?

one(ワン)さん
one(ワン)さん

Uber Eats(ウーバーイーツ)で食事を注文する人が増える傾向にあります。

「雨の日は出かけたくない」「土日は家で過ごす」という方が、Uber Eats を通常よりも多く利用しているのだと思います。

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

なるほど。雨の日と土日は注文が増えるから、その分、距離も長くなるってことですね。

one(ワン)さん
one(ワン)さん

はい。ですので、雨の日や、土日は稼ぎ時ですよ。

しかし、体力も相当消耗しますので、こまめに休憩を取り、水分を補給するなどして、体調管理には気を配った方がいいですよ。

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

ありがとうございました。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車配達パートナーの一日の走行距離をお伝えしました。

配達パートナーとして稼ぎたい方は下記をお読み下さい。

Uber Eats で副業(配達の仕事)をしたい場合の登録方法

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました