Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリット・注意点

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用(注文)したい方に、メリットや注意点及び、注文方法をご案内します。

Uber Eatsとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、フードデリバリーサービスのことで、Uber Eats に登録しているレストランの料理を、専用アプリや公式ウェブサイトで注文し、配達パートナーとして登録している一般人が、自身の自転車やバイクなどでデリバリーする形態を特徴とします。

取材協力者の紹介(Uber Eats 配達パートナー)

今回は、岡山県で Uber Eats 配達パートナーとして活躍されているone(ワン)さんに、『Uber Eats で注文をする場合のメリット・注意点』などを取材しましたので、ご紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのone(ワン)さん。
趣味は釣りで、釣り具を買うために副業として配達パートナーをしているそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文するメリット・注意点

食事を注文する方のメリット

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

食事を配達する側ではなく、食事を注文する側に、 Uber Eats を利用するメリットはありますか?実際に配達のお仕事をされているので詳しいですよね?教えて欲しいです。

one(ワン)さん
one(ワン)さん

Uber Eats を利用する方のメリットとしては、素早く食事を受け取れることですね。具体的には、事前に登録したクレジットカードで決済されるので、食事を受け取るときに現金を用意する手間がありません。仕事や家事で忙しい人や、プライベートな時間に集中したい人にとっては、時間を有効活用できると思います。

one(ワン)さん
one(ワン)さん

また、ほとんどのデリバリーサービスでは、注文する際に最低料金が定められていますが、Uber Eats では最低料金の設定はなく、料理を1品から注文することが可能ですよ。なので、たとえ1品であっても、遠慮なく注文してください。きっちり配達しますよ。

食事を注文する際の注意点

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

では、Uber Eats を利用する際の注意点などはありますか?

one(ワン)さん
one(ワン)さん

そうですね、Uber Eats は個人事業主のパートナーが配達するので、大雨や台風などの天気が悪い日には、配達が頼めないケースがあると思います。そして、悪天候の場合などには、配達時間が大幅に遅れるケースがあるかもしれません。そのため、できるだけ時間に余裕をもって注文いただけると助かりますね。

one(ワン)さん
one(ワン)さん

それと、配達先を間違えるなど、何らかの原因で注文した食事が届かないという話を、注文した方から聞いたことがあります。ですので、もしトラブルが起こった際には、私共配達パートナーに直接連絡して状況を確認するか、サポートデスクに相談することを早めに行ってくださいね。

ROYAL代表 岩下
ROYAL代表 岩下

Uber Eats を利用する際のメリットや注意点を教えていただき、ありがとうございました。

今回は、Uber Eats 配達パートナーに、Uber Eats で食事を注文する際のメリットや注意点をヒアリングしました。

Uber Eats の注文(利用)方法

Uber Eats を初めてご利用になる方と、既に利用されたことがある方とでは、案内先が異なります。

初めて注文(利用)する場合

Uber Eats を初めてご利用になる方は、下記バナーをクリックして、ご登録してください。

Uber Eats フード注文

2回目以降に注文(利用)する場合

Uber Eats を既に利用されている方は、下記バナーをクリックして、ご利用ください。

Uber Eats 2回目以降の注文

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※食事の注文ではなく、Uber Eats で配達の仕事をしたい方は下記をお読み下さい。

Uber Eats で副業(配達の仕事)をしたい場合の登録方法

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お役立ち情報
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
この記事を書いた人
岩下隼人

1982年生まれ。福岡県出身。株式会社マイナビ(旧:毎日コミュニケーションズ)に新卒入社。マイナビでは15年間、転職・中途採用領域の営業・営業推進・市場調査を経験。その後独立して、ROYAL合同会社設立し、新しいことに挑戦している人や、頑張っている人を応援中。また、2013年から株式投資を始め、主に米国株に投資中。2016年からは福岡の投資物件を購入して不動産経営も経験。ときどき取材記者(ライター)。

岩下隼人をフォローする
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました