投資初心者が学ぶべきウォーレンバフェットの名言をじっちゃまが解説

投資の神様・ウォーレンバフェット氏が、Amazon創業者・ジェフベゾス氏との対談時に語った「投資の極意」をご存じでしょうか?

米国株投資家・広瀬隆雄さん(じっちゃま)が解説してくれていたので、ご紹介します。

登場人物紹介

  • ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)さんは「投資の神様」とも呼ばれる、アメリカの著名投資家です。
  • ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)さんは、米最大手のオンラインショッピングサイトである Amazon.comの創業者です。
  • 広瀬隆雄さん(じっちゃま)は、米国株のテーマ、銘柄分析の第一人者。米国をはじめとする世界の政治・経済に精通し、グローバル投資、新興国市場にも明るい。

じっちゃまYouTube Liveの質問コーナーにて

広瀬隆雄さん(じっちゃま)は、ユーチューブライブにて、投資家から質問を受け付けて、稼ぐための考え方などを助言・アドバイスしています。

今回は、投資初心者からの質問に、じっちゃまが答えた内容を紹介します。

じっちゃまへの質問

投資初心者<br>(質問者)
投資初心者
(質問者)

じっちゃま、私は株式投資を始めて1年が経ちました。

じっちゃまのユーチューブやツイッターで投資手法を勉強させてもらってます。

そこで、質問なのですが、ウォーレンバフェットから投資初心者でも学べることがあるとすれば何でしょうか?

ウォーレン・バフェット氏は、2021年3月時点で、保有する個人資産が1000億ドル(約10兆8000億円)を超えました。まさに伝説の投資家・大富豪ですね。うらやましい。

じっちゃまの回答

広瀬隆雄さん<br>(じっちゃま)
広瀬隆雄さん
(じっちゃま)

うん。

彼(ウォーレンバフェット)が言っていることで一番大事なことは。。。

ジェフベゾスだったかな。。。ビルゲイツだったかな。。。

一回、彼らが対談したことがあって。。。

ちょっと、ベゾス、ゲイツ、どっちだったか、度忘れしたんだけれども。。。

(※ジェフベゾスです。バフェットとベゾスがオーディエンスに囲まれて対談した時の話です)

広瀬隆雄さん<br>(じっちゃま)
広瀬隆雄さん
(じっちゃま)

2人の対談を聞いていたオーディエンス(聴衆)が「バフェットさん、あなたが言っている(提唱している)ような投資スタイルっていうのは、別に難しいことじゃないですよね?

なんで一般の投資家は、あなたが提唱しているようなことで、リッチになれないのでしょうか?

そこら辺あたりが、私にはどうしても飲み込めないんです」という質問をバフェットに対してしたんですよ。

はい

広瀬隆雄さん<br>(じっちゃま)
広瀬隆雄さん
(じっちゃま)

で、それに対してバフェットが言ったことってのは

普通の人は、なるべく早く、一刻も早く、リッチになりたいと思うものだ」と。

「言い方を変えると、ゆっくりリッチになりたいと思う奴は一人もいない」と。

つまり

広瀬隆雄さん<br>(じっちゃま)
広瀬隆雄さん
(じっちゃま)

バフェット流のやり方の極意は何かというと、

バフェットは「時間をかけてゆっくり儲ける。急がば回れ。そういうやり方で、私はリッチになったんだ。だが、そこが難しい」と。

だから、打ち勝たなければいけないのは、あなたの心に対して打ち勝つこと。

早くリッチになりたいという焦り。それに対する戒めということですよね。

それは私も全くその通りだと思います。

いかがでしたか?

ウォーレンバフェットと言えば長期投資で著名な伝説の投資家ですが、やっていることはいたってシンプル。

しかし、それがなかなか真似できない。

我慢できずに短期間で売り買いを繰り返すのが一般の投資家のサガというもの。

バフェットのように億万長者になるためには、自分自身の心に打ち勝つ強い気持ちが必要みたいですね。

ちなみに、バフェットは読書家としても有名です。

そんな彼が「読むべきだ」と挙げた本があるので紹介しておきますね。

伝説の株式投資家、ウォーレン・バフェット氏おすすめ本21選

今回解説してくれた米国株投資家で人気ユーチューバーの広瀬隆雄さん(じっちゃま)も、投資家なら読むべき必読書を紹介していたので、その記事を載せておきますね。

アメリカ株式投資家・広瀬隆雄さん(じっちゃま)おすすめ投資本5冊

口座開設はSBI証券がおすすめ

証券口座の新規開設や変更を検討中の方には、SBI証券をおすすめしています。

詳細は下記をご参照ください。

証券口座を比較検討中ならSBI証券がおすすめ!その理由とは

投資関連おすすめ記事

「投資家として知っておくべき情報」を記事にして紹介しています。

投資初心者が株式売買で失敗しない方法と初めて買うべきおすすめ銘柄

FIRE(経済的自立・早期リタイア)の基準資産を解説

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました