アップル創業者、スティーブ・ジョブズ氏のおすすめ本9選

皆さんは、スティーブ・ジョブズさんをご存じでしょうか?

2021年時点で時価総額200兆円を超えている「Apple(アップル)」の創業者で、iPodやiPhoneなど画期的な製品を生み出しました。

また、ユニークなエピソードやファッション、聴衆を魅了したプレゼンスタイルなど、あらゆる面で世界にインパクトを与えたカリスマです。

そこで、この記事では、ジョブズさんがオススメした書籍9冊をご紹介します。

「世界を変えたカリスマを支えた知識や情報」に興味がある方を読者として想定しています。

プロフィール

iPhone

スティーブ・ジョブズ(スティーヴ・ジョブス、英語: Steve Jobs)こと、スティーブン・ポール・ジョブズ(英語: Steven Paul Jobs)さんは、アメリカ合衆国の起業家、実業家、工業デザイナー。

アメリカ国家技術賞を受賞しています。

Appleの共同設立者の一人。

アップルは米国のIT機器大手。メディアデバイス、PC、スマートフォン、タブレット端末などのデザイン・製造・販売に従事し、主要製品は「Mac」、「iPhone」、「iPad」、「iPod」、「Apple Watch」、「Apple TV」などの消費者製品で、「iOS」や「iCloud」、「ApplePay」なども展開する。デジタルコンテンツやアプリも販売する。

企業概要(ヤフーファイナンス)
appleの10年間での株価推移

ピクサー・アニメーション・スタジオのCEOなどを歴任。

1955年2月24日生まれ – 2011年10月5日死去。

では、ジョブズさんおすすめの本9冊を順番に紹介していきます。

リア王

1冊目は「リア王」という書籍です。

ブリテンの老王リアは、王位を退くにあたって、3人の娘のうちで孝行な者に領地を与えると約束する。甘言を弄した長女と次女に領地を与え、素直な物言いをした三女を怒りのあまり追放してしまう。しかし、信じて頼った長女と次女に裏切られ、流浪の身となる。やがて三女の真心を知り、フランス王妃となった彼女の力を借りて2人の軍勢と戦うも敗れ、三女は処刑、狂乱と悲嘆のうちにリア王も没する。リア王に従う道化の皮肉に満ちた言葉は、現世の不条理を深く突き、四大悲劇中最も壮大な構成の作品との評もある。

概要:ウィキペディア(Wikipedia)

ウィリアム・シェイクスピア作の四大悲劇の一つです。

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

白鯨

2冊目は「白鯨(はくげい)」という書籍です。

『白鯨』(はくげい、(英: Moby-Dick;or, The Whale)は、アメリカの小説家・ハーマン・メルヴィルの長編小説です。

本作は実際に捕鯨船に乗船して捕鯨に従事したメルヴィルの体験をもとに創作され、1851年に発表された。アメリカ文学を代表する名作、世界の十大小説の一つとも称される。たびたび映画化されている。原題は初版(1851年)の英国版が『The Whale』、米国版が『Moby-Dick;or, The Whale』であるが、その後『Moby-Dick;or The White Whale』とする普及版が多く刊行されており、日本では『白鯨』の題が定着している。

ウィキペディア(Wikipedia)

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

ディラン・トマス全詩集

3冊目は「ディラン・トマス全詩集」という書籍です。

鬼才の名をほしいままにし、伝説的生涯を余りにも速く走り抜けた異色の20世紀詩人ディラン・トマス氏。

一世を風靡する豊かで繊細な詩才がほとばしるロマンティックで斬新なイメージの数々は、人々を魅了し続けています―。

生と性そして死の往還をめぐる全詩業を完訳した決定版。

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本

4冊目は「ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本」という書籍です。

ラマ・ファウンデーション〈Lama Foundation〉は、60年代にアメリカに登場した小さな自治体の一つ。ニュー・メキシコ州の山中にあって、当時から一つの宗派に属さない普遍的スピリチュアリティ(精神性)を中心にしたコミューンの老舗として知られ、現在もその姿勢を崩すことなく活動を続けている。

内容(「BOOK」データベースより)

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

小さな惑星の緑の食卓―現代人のライフ・スタイルをかえる新食物読本

5冊目は「小さな惑星の緑の食卓―現代人のライフ・スタイルをかえる新食物読本」という書籍です。

1971年のフランシスムーアラペ氏によるベストセラーの本であり、食肉生産が環境に与える影響を無駄にして世界的な食糧不足の原因となっていることに言及した最初の主要な本です。

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

あるヨギの自叙伝

6冊目は「あるヨギの自叙伝」という書籍です。

あるヨギの自伝は、1946年に最初に発表されたパラマハンサヨガナンダの自伝です。

パラマハンサヨガナンダは、インドのゴラクプールにあるムクンダラルゴーシュとしてベンガルヒンドゥー教の家族に生まれました。

ヨギの自伝は、パラマハンサヨガナンダの生涯と、東洋と西洋の両方の精神的な人物との出会いを読者に紹介しています。

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

禅マインドビギナーズ・マインド

7冊目は「禅マインドビギナーズ・マインド」という書籍です。

初心者の心には多くの可能性があります。しかし専門家といわれる人の心には、それはほとんどありません。

Google Books

世界中で読まれている禅の入門書です。

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

イノベーションのジレンマ

8冊目は「イノベーションのジレンマ」という書籍です。

イノベーションのジレンマとは、巨大企業が新興企業の前に力を失う理由を説明した企業経営の理論。クレイトン・クリステンセンが、1997年に初めて提唱した。大企業にとって、新興の事業や技術は、小さく魅力なく映るだけでなく、カニバリズム(共食い)によって既存の事業を破壊する可能性がある。

ウィキペディア

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

注目すべき人々との出会い

9冊目は「注目すべき人々との出会い」という書籍です。

欧州とアジアの交差する地アルメニアで生まれた神秘思想家グルジェフの自叙伝です。

生きる真理を求めて旅に出た青年が、同じく真理の探索を続ける冒険家たちとの出会いを描いています。

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

以上。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

世界を代表する起業家たちのオススメ書籍シリーズ

ジョブズ、ビルゲイツ、ベゾス等、世界を代表する仕事人のおすすめ本

一流起業家の推薦本
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
本を「聴く」ならAudible(オーディブル)がおすすめ
この記事を書いた人
岩下隼人

1982年生まれ。福岡県出身。株式会社マイナビ(旧:毎日コミュニケーションズ)に新卒入社。マイナビでは15年間、転職・中途採用領域の営業・営業推進・市場調査を経験。その後独立して、ROYAL合同会社設立し、新しいことに挑戦している人や、頑張っている人を応援中。また、2013年から株式投資を始め、主に米国株に投資中。2016年からは福岡の投資物件を購入して不動産経営も経験。ときどき取材記者(ライター)。

岩下隼人をフォローする
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました