法人事業

【SBIハイブリッド預金】金利収入を得る(2022年4月17日)

弊社が使用しているSBIネット銀行では、SBI証券での株式取引の買付代金に充当できる銀行預金(円普通預金)、名称は『SBIハイブリッド預金』という制度があるので、弊社でもその制度を利用することにしました。

ざっくり言えば、株を買うためにお金を預けておく専用口座のことです。

SBIハイブリッド預金は、好金利、毎月利払いが人気です。利息は、2022年4月26日現在時点では0.010%となっています。その利息は毎月第三土曜日に計算されて、その翌日に入金されます。※ SBIハイブリッド預金の金利は変動金利です。

2022年3月分のSBIハイブリッド預金収入

私は得た2022年3月のSBIハイブリッド預金金利収入は…

11円でした。

利息が12円で、法人の場合、利息に対して国税15.315%(復興特別所得税を含む)の税率により源泉徴収されるため、1円が税金として徴収されていました。

仕訳

勘定科目は、

  • 金利収入については「受取利息」で、税区分は「非課売上」(課税されない売上)
  • 国税については「法人税・住民税及び事業税」で、税区分は「対象外」

の項目を使用して処理しました。

わずかな金額ですが、何もせずにチャリンチャリンと収入を得るのは楽しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

freeeの法人設立サービス『freee会社設立』は登録無料です
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
この記事を書いた人
岩下隼人

1982年生まれ。福岡県出身。株式会社マイナビ(旧:毎日コミュニケーションズ)に新卒入社。マイナビでは15年間、転職・中途採用領域の営業・営業推進・市場調査を経験。その後独立して、ROYAL合同会社設立し、新しいことに挑戦している人や、頑張っている人を応援中。また、2013年から株式投資を始め、主に米国株に投資中。2016年からは福岡の投資物件を購入して不動産経営も経験。ときどき取材記者(ライター)。

岩下隼人をフォローする
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました