日本株の銘柄情報

六甲バター (2266)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2266 六甲バター ろっこうばたー [ 食料品 ]
【URL】https://www.qbb.co.jp/
【決算】12月
【設立】1948.12
【上場】1963.5
【特色】ベビーチーズで最大手。輸入加工(QBBブランド)が主力。仕入れ、販売面で三菱商事と協力

六甲バター株式会社(ろっこうバター、英: ROKKO BUTTER CO., LTD.)は、兵庫県神戸市中央区坂口通に本社を置く、チーズおよび乳製品などの製造・販売をおこなう会社である。みどり会の会員企業であり三和グループに属している。

Q・B・B ブランドのチーズで知られる。チーズ専業ブランドとしては国内トップシェアを持つ。

会社概要

1948年に神戸で平和油脂工業として設立される。主にマーガリンを製造していたが、1958年にオーストラリアクイーンズランド州から輸入した原料チーズでプロセスチーズを製造し、これが全国に販売されると、その名を知られるようになる。

1960年には魚肉ソーセージにヒントを得た世界初の個別包装のスティックチーズを発売、1971年には日本初の個別包装のスライスチーズを発売し、メーカーの中では小口化された商品の企画ならびに販売を行う会社として知られている。また翌年1972年にはベビーチーズを発売、プレーン以外の種類も増え、今なお売れ続けるロングセラー商品になっている。

1988年には、チーズフォンデュを家庭で手軽に楽しめるように、「ふぉんじゅ亭」を発売。頻繁には見かけられないが、こちらも息の長い商品となっている。さらに同年、デザートへも乗り出し、ベイクドチーズケーキを発売。1990年以降、乳業国として知られるスイスの名門チョコレートメーカー、リンツチョコレートの国内総代理店を担当している。

社名に「バター」と付いているが、バターを自社で生産したことはなく委託生産品の販売のみをかつて行なっていた。ただしマーガリンは生産している(現在は業務用のみ)。自社で生産売上比率で多いのはチーズで、2011年で94.9%を占めており、ほぼチーズ専門メーカーとなっている。自社ブランドのほか、大手スーパーマーケットなどのプライベートブランド製品の生産も手掛けている。学校給食での採用も多い。

外国株の銘柄情報が無料で閲覧できるブログのご紹介
「ハトマメブログ」では、米国株、中国株、韓国株、ロシア株、ベトナム株、インドネシア株、シンガポール株、タイ株、マレーシア株が無料で閲覧できます。
スポンサーリンク
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました