PR
投資 攻略

億り人投資家が推奨する積み立て投資枠と成長投資枠におすすめの商品

この記事では、米国株投資家・広瀬隆雄さん(じっちゃま)が新NISA戦略について、解説してくれていたので、ご紹介します。

新NISAで、どんな商品に投資すべきかを悩んでいる方は、一つの投資手法としてご参考下さい。

広瀬隆雄さん(じっちゃま)は、米国株のテーマ、銘柄分析の第一人者。米国をはじめとする世界の政治・経済に精通し、グローバル投資、新興国市場にも明るい方です。億り人投資家。

じっちゃまとは?

新NISAとは

2024年から新NISAがスタートします。NISAとは少額投資非課税制度を指します。

新制度(新NISA)では、年間投資枠が大幅に拡充され、トータルで1年で360万円まで投資することが出来ます。内訳は、つみたて投資枠120万円+成長投資枠240万円です。

非課税保有期間は無期限で、非課税保有限度額は簿価(=取得コスト)ベースで1800万円までとなります。

積み立て投資枠にオススメな商品

じっちゃま
じっちゃま

つみたて投資枠は人気投資信託から投資対象商品を選ぶのが基本となります。具体例としては、以下商品が好適な投資対象になります。

成長投資枠にオススメな商品

じっちゃま
じっちゃま

成長投資枠は積立投資、スポット購入どちらも利用可能です。早い話、つみたて投資枠で利用した上記の投資信託と同じものを買って済ませてしまうのが最善だと思います。

じっちゃま
じっちゃま

どうしても個別株を買いたい場合は国内株式や外国株式も購入できます。ただし非課税保有限度額は簿価ベースで1800万円なので、短期売買を繰り返すと簿価が自ずと上昇してしまうので利食い頻度を極力抑える方が有利です。

じっちゃま
じっちゃま

長期でのBUY & HOLDに向く個別株はとても限られているので、ごちゃごちゃ策を弄するのは愚。個別株どれに投資する?を思案する時間があれば、1年360万円の枠をガッツリ全部利用することだけに神経を集中した方がいいです。

終わりに

じっちゃまが語った「新NISA戦略」いかがでしたでしょうか。

また、じっちゃまは「投資家が読むべきおすすめ書籍」も紹介してましたので、そちらの内容に興味がある方は下記をご参照下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人
岩下隼人

福岡県出身。2022年に『ロイヤル合同会社』を設立し、新しいことに挑戦している人や、頑張っている会社を応援中。ときどき取材記者(ライター)。

岩下隼人をフォローする
【PR】未上場企業YKK株の買い方をご紹介
非上場企業YKKの株を買ってみた(株主コミュニティ制度を活用)
YKK株式会社は非上場企業なので、通常は買えません。しかし、株主コミュニティという制度を使えば買うことができます。noteにて、未上場企業YKK株の買い方を解説しています。
スポンサー
給与交渉ナビ
給与交渉ナビは「転職で年収を増やしたい人」「給与交渉に自信がない人」に対して、転職エージェント(代理人)を介した給与交渉の進め方を提案し、年収UPを目指すサイトです。
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました