日本株の銘柄情報

京都機械工具 (5966)

スポンサーリンク

5966 KTC けーてぃーしー [ 金属製品 ]
【URL】https://ktc.co.jp/
【決算】3月
【設立】1950.8
【上場】1980.3
【特色】レンチ、スパナなど作業工具製販で首位。自動車関連向けが中心。歯科用機器や売電に進出

京都機械工具株式会社(きょうときかいこうぐ、英: KYOTO TOOL Co., Ltd. 、略称:KTC)は、京都府久世郡久御山町に本社を置く工具メーカー。創業は1950年。製品の品質の高さに定評がある。2013年現在、登記上は京都市伏見区下鳥羽に本店があるが、実際の業務は久御山町で行われている。

スポンサーリンク

会社概要

1950年に第二次世界大戦前より「京都機械工具」として日本海軍航空隊への工具の納入に携わっていた齋藤喜一・山崎宗次郎・宇城正行の3名が独立し創業。トヨタ自動車の車載工具として採用されたことをきっかけに業界で確たる地位を築き、日本の上質工具の代名詞とも言われる。その後の日本の自動車産業の発展と同時に、KTCの業績も向上していった。当時、通産省優良自動車部品A級認定と防衛庁銘柄指定も受けている。

日本を代表するハンドツールメーカーで、同社によればアイテム数・生産量ともに国内No.1を誇る。KTC、ネプロスブランドの工具や関連商品を製造・販売している。京都ツールと略されることもあるが、一般的には同社の代表ブランド名であり略称のKTCが使われており、1950年代の製品にも「KYOTO K.T.C.」の刻印が見られる。

他国の老舗工具メーカーと比較すると歴史は浅いと言えるものであるが、製品の品質を維持するため、下請けを使わず、自社工場での一貫生産を行うなどし、熱間鍛造技術は世界でもトップクラスと評され、日本のメーカーならではとも言える高い品質管理に定評がある。表面仕上げは梨地を基本としているが、NEPROSシリーズなどでは鏡面仕上げを採用。既成の製品のほか、特注にも対応。2013年現在は製品の幅を自転車用工具にまで広げている。

タイトルとURLをコピーしました