日本株の銘柄情報

関西ペイント (4613)

スポンサーリンク

4613 関西ペイント かんさいぺいんと [ 化学 ]
【URL】https://www.kansai.co.jp/
【決算】3月
【設立】1918.5
【上場】1949.5
【特色】日ペと並ぶ国内総合塗料首位級。主力の自動車用は国内トップ。海外展開活発、インドが牽引役

関西ペイント株式会社(かんさいペイント、KANSAI PAINT CO.,LTD.)は大阪府大阪市中央区に本社を置く総合塗料の製造販売企業である。

スポンサーリンク

会社概要

前身である関西ペイント工業所が、玉水弘により1917年に尼崎市神崎で創業。玉水は東京帝国大学応用化学科卒の技術者で、先発メーカーであった日本ペイントや東亜ペイントの取締役・技師長を経て独立。従業員30人余で顔料・塗料の製造販売をはじめた。化学プラントおよび研究施設拡大のための資金捻出に窮し、同級生で東京帝国大学助教授の田中芳雄に相談。事業の譲渡を条件に、岩井勝次郎率いる岩井商店(現・双日)が出資と販売支援を受け持つことで合意した。

1918年、関西ペイントを設立。本社および工場には小田村神崎の農地5万7,000m2が充てられた。岩井商店の専務・安野譲が兼任で社長に就き、専務取締役および技師長には玉水弘が名を連ね、新体制での操業が始まる。設立当初から恐慌を始めとした苦難を経験するも「他社にないもの、真に顧客が求めているものをつくれば、必ず売れる」の信念で、1926年に業界に先駆けてラッカーの国産化を実現し、社業の基を築く。

現在では日本で業界一位の売り上げを誇る総合塗料企業である。自動車用塗料分野では、日本を含めアジア圏で首位に位置。米・PPGインダストリーズと自動車用塗料分野で提携している。

通称「カンペ」で、「ALESCO」(アレスコ)というブランドでも知られている。戦前は岩井財閥系企業だったため岩井系企業による最勝会の設立に参加したが、その後三水会とみどり会にも加入し今では最勝会グループと三和グループに重複加盟している。

タイトルとURLをコピーしました