日本株の銘柄情報

エスペック (6859)

スポンサーリンク

6859 エスペック えすぺっく [ 電気機器 ]
【URL】https://www.espec.co.jp/
【決算】3月
【設立】1954.1
【上場】1983.9
【特色】気温・湿度等の環境変化の影響を分析する環境試験器のトップ。電池、半導体の試験器も展開

エスペック株式会社(英文社名:ESPEC Corp.)は、大阪府大阪市北区に本社を置く環境試験機の大手メーカーである。日本を拠点に近年経済成長が著しい中国や韓国、マレーシアなどアジアを中心に市場展開をしているが、現在北米やヨーロッパへの市場展開に向けての動きもみられる。

過去に2度社名変更をしていて、古い順に株式会社田葉井製作所(たばいせいさくしょ)、タバイエスペック株式会社となる。

スポンサーリンク

会社概要

環境試験機とは極温(極冷)、多湿(乾燥)、高圧(真空)などの特定の条件にさらすことで、例えば携帯電話やデジタル時計などの製品の耐久テストを行うための機械のことである。この本業である環境試験機においての市場シェアは日本では約60%、世界規模でもアジアを中心に30%の高水準の占有率を誇る。この他にも計測システム事業や、FPD装置の生産も行っている。

エスペックでは、植林活動を行ったり緑をテーマにした仕事場作りを意識した施設を建設したりするなど、自然環境への配慮を意識した動きが見られる企業でもある。またバイオテクノロジーを応用した、土を使わず水と光だけで作る野菜作りなどの取り組みも行っている。

2005年には本業の環境試験装置の技術を応用した半導体洗浄装置事業をアイシーエフ株式会社(京都市、2009年1月事業停止、同年5月破産。東京都の同名企業(現・オーベン)とは無関係)から買収、エスペックICF株式会社(本社・京都府久世郡久御山町、のちエスペックセミテクノロジ株式会社に改称)を設立したものの全く事業がうまく行かず、わずか約2年後の2007年の10月に同社を解散し(2008年2月12日清算終了)、同事業から撤退することが同年9月に決定された。

これにより約4億3,000万円を特別損失として計上、それを受けて同年の8月まで1,800円台で安定していた株価はわずか1か月後の9月には一気に700円台までに暴落。代表取締役社長の交代にまで陥った。

メインバンクがりそな銀行(旧・大和銀行)であることから、同行が中核になって結成された企業集団・大輪会の会員企業である。

社名の由来

将来のあるべき姿として3つのイメージ目標「プログレッシブ」「インターナショナル」「インテリジェント」を掲げ、「ESPEC」は3つのイメージ目標を語感的に感じられる言葉として開発した造語。

タイトルとURLをコピーしました