日本株の銘柄情報

セルソース (4880)

スポンサーリンク

4880 セルソース せるそーす [ 医薬品 ]
【URL】https://www.cellsource.co.jp/
【決算】10月
【設立】2015.11
【上場】2019.10
【特色】脂肪・血液由来の細胞の加工受託など再生医療、化粧品開発・販売などコンシューマー事業展開

セルソース株式会社は、東京都渋谷区に本社を置くバイオ企業。再生医療関連事業を展開し、医療機関向けに、関連する法規対応のサポートや脂肪由来幹細胞・血液等の加工受託サービスを提供している。

主な事業対象領域は整形外科(変形性関節症、スポーツ傷害等)、形成外科(乳房再建)、産科・婦人科(不妊治療)であり、提携医療機関数は1,100院を超える。

あわせて、エクソソームの臨床応用に向け学術機関との共同研究も行われている。
また、スキンケア化粧品や化粧品原料の開発も行っており、自社ブランド「Signalift」、ヒカル (YouTuber)と共同開発の「リザードビューティ クリーム」、原料を提供した株式会社 協和「ヒト幹細胞培養エキス原液 LP」などが発表されている。

スポンサーリンク

事業概要

再生医療を提供する医療機関向けに、再生医療に用いるための脂肪由来幹細胞の抽出・培養や血液の加工受託サービスの提供と「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」の対応サポート、医療機関への経営支援を行う「再生医療関連事業」を展開している。なお、同社の施設は厚生労働大臣より特定細胞加工物製造許可(施設番号:FA3160006)を受けている。

創業4期目である2019年10月、東証マザーズ(現・東証グロース)市場へ上場。
主な事業領域は整形外科(変形性関節症、スポーツ傷害等)。

整形外科以外への事業領域も拡大しており、2019年より大学附属病院と提携し形成外科における乳房再建、2020年には産科・婦人科における不妊治療に対してサービスの提供を開始している。

2022年2月には住友生命グループと「セルソースPFC-FD保険」を共同開発。業界初のバイオセラピー保険である。

行政機関の再生医療関連プロジェクトにも複数の参画実績があり、大阪府「未来医療国際拠点」の運営を担う「未来医療推進機構」のメンバーにも選出されている。

医薬・医療・創薬の支援事業を世界展開する住商ファーマインターナショナルとの脂肪由来幹細胞の分譲契約を締結しており、同社より研究用途として国内外の大学等の研究機関や企業等に対し脂肪由来幹細胞が提供開始されている。

患者に新たなソリューションを提供したいとの思いから再生医療にたどり着いた。シーズではなく“マーケット発”ベンチャー。バイオベンチャーには珍しい黒字経営で、増収増益を続ける。資金調達ではなく利益を出して研究開発に投資するのもこだわりの一つとしている。

タイトルとURLをコピーしました