ブラウン大学が授業でおすすめする推薦本ランキングトップ10

日本とアメリカの大学生は、読書量に差があると言われています。

米国の超一流大学では、古典や学術書などの本を徹底的に叩き込まれるそうです。

大量に読書することによって育まれる教養が、アメリカのエリートの知識の土壌となっています。

そこで今回は、アメリカのブラウン大学における必読書籍(課題図書)を紹介します。

食べ物がその人の健康を形成するように、読み物がその人の教養を形成します。

この記事では「偏差値の高い学校のおすすめ書籍が知りたい」「全米トップの大学が教育指導する知識を学びたい」「現在、中学生や高校生で一流大学を目指したい」という方を読者として想定としています。

調査概要

リストは「オープン・シラバス・プロジェクト(The Open Syllabus Project)」による過去15年分のデータと、「U.S.News」の全国大学ランキングを基に作成。リストには、書類以外の論文も含まれる。

経済メディア、NewsPicks(ニューズピックス)より抜粋

出所(英語ページ): https://qz.com/602956/these-are-the-books-students-at-the-top-us-colleges-are-required-to-read/

ブラウン大学の課題図書ランキングTOP10

それでは、ブラウン大学の課題図書ランキングトップ10を発表します。

1位『Learning and Teaching』

1位は「Learning and Teaching」という書籍です。

この作品は、文化的に重要なものとして学者に選ばれており、我々の知る文明の知識ベースの一部となっています。この作品は、オリジナルの作品から複製されており、可能な限りオリジナルの作品に忠実に再現されています。そのため、作品中にはオリジナルの著作権表示、図書館印(これらの作品のほとんどが、世界の最も重要な図書館に収蔵されているため)、その他の表記が見られます。

概要

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。(英語版です)

2位『Cyborg Citizen』

2位は「Cyborg Citizen」という書籍です。

本書は、『サイボーグ・ハンドブック』の生みの親であるクリス・ハーブルス・グレイが、「ポストヒューマン」の政治について初めて解説したものです。サイボーグの未来像は、ユートピアから悪夢のようなものまで様々で、身体の制約を超越した精神的な超人種から、人間の個性を消費する魂のないボーグまであります。これらの問題を広く、歴史的に豊かに、そして倫理的に根拠を持って理解してこそ、私たちの自由、さらには生存への脅威に立ち向かうことができるとグレイは主張しています。

内容解説

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。(英語版です)

3位『技術社会』

3位は「技術社会」という書籍です。

ジャック・エリュール著書。

ジャック・エリュール(Jacques Ellul、1912年1月6日 – 1994年5月19日)は、ボルドーを拠点に活動したプロテスタント知識人・思想家。

主に社会学と神学の2つの領域にわたる著作群を残した。特に、社会学的著作群に属する主著『技術社会』(原題は『技術、あるいは今世紀の賭け金』 La technique ou l’enjeu du siècle)で、先駆的な現代テクノロジー批判と文明批評を展開したことで知られる。日本での知名度は全般に低いが、主に本国フランスと米国では広範な知的影響を及ぼしている。その思想は、例えば、イヴァン・イリイチや、反グローバリズム(アルテルモンディアリスム)の活動家として知られる酪農家アナーキスト、ジョゼ・ボヴェに影響を与えている。キリスト教徒としては、フランスでは少数派であるフランス改革派教会に所属した。クリスチャン・アナーキストと呼べる思想の持ち主であり、福音信仰に深く根ざした神学的思索を重ねつつ、既成のキリスト教や教会のあり方を常に厳しく批判し続けたことでも知られる。

ウィキペディア(Wikipedia)

「技術社会を“超えて”―ジャック・エリュールの社会哲学」という書籍のリンクを下記に貼ってます。

4位『The Learning Center』

4位は「The Learning Center」という書籍です。

著者:ROBERT M. BROWN

下記に内容のリンクを貼ってます。(英語版です)

The Learning Center on JSTOR
Robert M. Brown, The Learning Center, AV Communication Review, Vol. 16, No. 3 (Fall, 1968), pp. 294-300

5位『共産党宣言』

5位は「共産党宣言」という書籍です。

『共産党宣言』または『共産主義者宣言』は、1848年にカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスによって書かれた書籍。マルクス主義者による国際秘密結社「共産主義者同盟」の要点をまとめたものであり、共産主義の目的と見解を初めて明らかにした文書。

「今日までのあらゆる社会の歴史は階級闘争の歴史である」という有名な句に始まるこの宣言は、階級闘争におけるプロレタリアートの役割を明らかにしたマルクス主義の基本文献。マルクス(1818‐83)とエンゲルス(1820‐95)が1847年に起草、翌年の二月革命直前に発表以来、あらゆるプロレタリア運動の指針となった歴史的文書である。

内容(「BOOK」データベースより)

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

6位『The Transparent Society』

6位は「The Transparent Society」という書籍です。

トランスペアレントソサイエティ(1998年)は、SF作家のデビッド・ブリンによるノンフィクションであり、低コストの監視・通信・データベース技術に押されて、社会の透明化とプライバシーのある程度の喪失を予測し、失われたプライバシーを補って余りある利益をもたらすと考える新しい制度や慣行を提案している。

ウィキペディア

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

7位『A Social History of American Technology』

7位は「A Social History of American Technology」という書籍です。

著者:Ruth Schwartz Cowan

A Social History of American Technologyは、17世紀初頭から現在までのアメリカの技術を教科書的に調査したものです。技術システムという概念を統一テーマとして用い、技術の変化は急激でも不連続でもなく、常に社会の発展と密接に関連しており、開発された道具の種類とその利用方法の両方が決定されるという考え方を示している。著者は、アメリカ人が技術をどのように捉えてきたかが、科学的発展そのものと同じくらい重要であることを示し、魅力的な最終章では、原子力、避妊、遺伝子工学、パソコンなどの最近の技術開発が社会に与える大きな影響と、それらがアメリカの政治的、社会的、経済的構造にどのような変化をもたらしているかを検証しています。

内容説明

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。(英語版です)

8位『Illuminations』

8位は「Illuminations」という書籍です。

20世紀を代表する文化批評家の一人であるヴァルター・ベンヤミンのエッセイと考察を紹介します。ウォルター・ベンヤミンは、芸術、文学、哲学についての洞察で知られる批評家の象徴です。この本では、ベンヤミンが個人的に親しみを感じていたカフカについての見解、ボードレールやプルーストについての研究、レスコフやブレヒトの大劇場についてのエッセイなどを収録しています。

内容紹介

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。(英語版です)

9位『シミュラークルとシミュレーション』

9位は「シミュラークルとシミュレーション」という書籍です。

社会学者であるジャン・ボードリヤールが1981年に発表した哲学書で、現実と象徴と社会の関係、特に共有された存在の理解を構築するための文化やメディアの意味や象徴について考察している。

ウィキペディア

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。

10位『The Control Revolution』

10位は「The Control Revolution」という書籍です。

ジェームズ・ベニガーの著書で、情報化社会の起源の一端を、産業社会の生産を管理・制御する必要性から説明しています。 この本は、米国出版社協会賞の社会・行動科学分野における最も優れた書籍賞と、ファイ・カッパ・ファイ教員表彰賞を受賞しました。故ベニガー博士は、南カリフォルニア大学の教授でした。

ウィキペディア

下記に書籍のリンクを貼ってますので、学習したい方は是非クリックしてご購入下さい。(英語版です)

ブラウン大学とは

ブラウン大学(英語: Brown University)は、米国ロードアイランド州プロビデンス市に本部を置く、イギリス植民地時代(1764年)に設立された私立大学。アイビー・リーグの一校である研究大学である。

ブラウン大学は、7人のノーベル賞受賞者、一人のフィールズ賞(数学のノーベル賞)受賞者、57人のローズ奨学制度獲得者、5人のアメリカ人文科学勲章受賞者、8人の1000億円以上の所得保有者、10人のアメリカ国家科学賞受賞者を輩出している。

ウィキペディア(Wikipedia)

全米トップ10の大学が授業でおすすめする必読書籍ランキング

全米トップ10の大学が授業でおすすめする必読書籍の総合ランキングは、下記をクリックしてご確認下さい。

総合ランキング)ハーバードやスタンフォード、全米10大学の推薦本

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

一流大学の課題図書
記事内容が良かったら、共有・拡散をお願いします
本を「聴く」ならAudible(オーディブル)がおすすめ
この記事を書いた人
岩下隼人

1982年生まれ。福岡県出身。株式会社マイナビ(旧:毎日コミュニケーションズ)に新卒入社。マイナビでは15年間、転職・中途採用領域の営業・営業推進・市場調査を経験。その後独立して、ROYAL合同会社設立し、新しいことに挑戦している人や、頑張っている人を応援中。また、2013年から株式投資を始め、主に米国株に投資中。2016年からは福岡の投資物件を購入して不動産経営も経験。ときどき取材記者(ライター)。

岩下隼人をフォローする
ROYAL
タイトルとURLをコピーしました